スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタステラー感想に対するちょっとした感想

友達と感想を話し合いしたあと、ちょっとだけ分かってきた。
ネットでの感想はかなり分かれる理由。

ツイッターにも言ったが、
基本的に少なくとも2種類の人間はこの映画に馴染めない。
実は4種類です。

話が理解できない人、考えすぎる人、SF愛が深すぎる人、そしてノーランの感性とすれ違う人

話が分からない人は…たぶんSFとの相性が悪いなんだろ。
例え今作が非常に分かりやすくようにすべての劇中ルールや理論を演出と台詞で説明してくれても、
途中で興味を失ってしまうとそりゃストーリーを理解できないたろ。


考えすぎる人は
個人の知る限り、こいいうのは大体理科出身のようだ。
つまり自分の学んだ知識で劇中ルールや法則をジャッジする。
そりゃ矛盾出てきちゃうよ…
たとえこの映画の基礎には現実の物理学者の理論があっても、
娯楽映画として成り立てるために相当の調整がある。
ゆえにSFのそのFのフィクション成分が非常に大事。
SFが中国語では科幻と呼ばれる、科学幻想なので、幻想があるこそ夢がある。

あと今作は一見ハードSFなんだけど、
実は愛というテーマの比重が重い、この映画に出てきた人間は意外に理性思考するやつは誰一人もいない。
つまり実はかなり感性優先の映画作品です。
理科脳で臨むと相当面食らってしまうのは分からなくもない。

ただここで第3種類の人とぶつかってしまう。
従来のSFファンにとって、SFとは科学と人文が産み落とした異端子
科学の世界観の中に哲学的な命題を議論する作品こそSF
ゆえに、今作はSFファンから観ると、そのテーマが意外にも陳腐。
「愛」、しかも娯楽映画としてその「愛」を表現する。
SFファンのとってはこれじゃ物足りない。
ただより哲学路線に行くと、カルト映画になる可能性もある。

ここはノーラン監督をどのように認識してるのがかなり大事だと思う。

ダークナイト以降ノーランに対する期待と評価も上がりすぎて、
結局人々は彼の本質までも見誤ってしまったようだ。
自分にとってノーランは
「映画好きすぎて、いろんな作品に影響されて、それらの作品の味を自分のものにしようとする監督」
簡単に言うと、「本当に映画を撮ってやがる欧米版の小島秀夫」
変な言い方だけど、なんとなくそういう印象なんですよ。
故にノーラン作品は彼個人の匂いがある同時に、なんとなくいろんな映画の味もする。
どんどんこういう作風が強烈になってゆくから、実際カルト映画一歩手前かもしれん。
だが彼の作品は逆に大ヒット作になった理由は、その「娯楽」という中心概念を捨てなかったから。

つまり、観客が過度思考に陥る前に、作品内に提供するテーマをどんどん回収する。
故に哲学になれずに娯楽にいられる。故に作品は大抵の観客に受け入れる。

ただこうなると、第四種類の人が不満を申し出す。それは感性の違い。
ノーラン映画のキャラは執念として構成されるのが多い。
それは短時間内激しいテーマとストーリーを成立させるための布石、もしくは作風
キャラの思考や行動に付いていけない時絶対その映画をうまく咀嚼して消化できない。
実際自分はノーランバットマンが好きになれない理由がコレなんです。
今作も激しいキャラが多いなので、そいつらに付いていけるかどうかは多分好き嫌い分かれる鍵の一つ。

ただ、インターステラーは傑作に間違いない。
見る前にそんなに警戒しない方が一番楽しめる方法なんじゃないと思う。
意味の分からない補足なんだが、友達との討論はこういう感じでした。






スポンサーサイト

インターステラー雑感

朝一で観てきた。一番率直な感想は「すごい映画を観ちゃった…」
こんな映画にはなかなか出会えないから、衝撃が本当にすごかった。

ただこれはネタバレしちゃうと楽しさが減ってしまうまうタイプの映画なので、
とりあえず内容を避けて感想を述べてみる。


まずは、ツイッターではこの映画は観る人を選ぶ作品と言ったが、
実は別に内容が難しくない。テンポもよくてかなり見やすい映画だった。
宇宙探索系のSF作品でもあり、親子愛の作品でもあり、そして緊張感満点のエンターテイメント作品でもあり
むしろ全方位無敵娯楽大作…

のはずだが、

何故かよく「ブラックホールとかワームホールとか何を言ってるのか分からないからつまらなかった」という感想を見かける。
確かに劇中に相対論やブラックホールや高次元に関してちょっと物理常識を要求するが、
文系の自分も分かることなんだから、難しいところは実際全然なかったと思う。

邪推ですが、
多分これは現代人のSFに対する感性が昔より衰退したせいと思う。
或いは自分がずっと「こういうのは常識なんじゃ…」と思ったものは一般人にとって実はかなり難しいものかもしれん…

どちらにせよ、この映画を楽しめるには、少なくともSFを愛する心と時間の相対概念を持つべき。


ではとりあえずインターステラーの物語をちょっと紹介しよう。

近未来の地球はもはや生命が住める星ではなくなってゆく
主人公のクーパーはNASAの特殊任務を受け、愛する家族と別れて人類を救うために新しい星を目指して遠い旅に出た…
クーパーを待っているのは希望か絶望か 想像を超える宇宙の旅の果てには本当に人類を救う鍵があるでしょうか?
地球に残された家族や人類の運命は!?


ちょっと煽り気味だが、大体こういう話です。

兎に角この映画は宇宙探索系の作品です。
こういう手の映画はスターウォーズやスタートレックのようなSF作品と違って、
あくまで「遠くない将来人類は多分こういうのができる」というSF的なリアル感が売りなので、
スペースオペラみたいな冒険活劇ではなく、より理系的な感覚で世界観を構築する。


そしてその金字塔はもちろん1968年に公開された映画「2001年宇宙の旅」
元々小説シリーズだが、鬼才スタンリー・キューブリックにより改編映画化された。
CGのない時代でCGをも超える映像美を生み出し、映画界にの永久の影響を与えてしまう。

ノーラン今回のインターステラーもその2001の子孫とも言えるだろ。
全体的に確かに2001の雰囲気がする。
観る途中でも「あぁ このシーンは多分あのシーンのリスベクトだろ」といろいろ発見できる。
実際自分は2001の再臨という心構えで見に行ったので、
今作のAIロボットTARSさんが出た途端に自分は必要以上「コイツはやばい!」と反応しちゃいました。
先輩のHAL9000があれなんですからね(笑)


2001を意識して作った映画は間違いないんだが、
実際ストーリーラインと構成などは完全に違うものなので、
2001のリメイクではない。 
ただ同じように壮大のスケールで宇宙探索SFを作りたがる心意気が作品中に反映して、
結局として2001の魂の部分を継承した。故にその雰囲気も似ている。
インターステラーはノーランの2001、こういう言い方のほうが分かりやすいかもしれない。


この映画のどこがすごいのか、
まずは言うまでない、映像の凄さ。

こんなの観た事ない映像の数々は壮観すぎる!
それがCGだと分かってても、その斬新な映像表現に感動しちゃう。
例えばワームホールの3次元での見た目は実はああいう感じ、というのは本当に驚嘆する。
ブラックホールに関しても物理学者の協力を貰ってCG演算に新しい方法を開拓したので、
誰も観た事ないブラックホールの究極の映像を完成した。
故にインターステラーの宇宙はリアルである同時に、怖くて美しくしい。


あとは
ノーラン映画の特徴の一つ、圧迫感のあるサウンド。
今作は相変わらず情緒を極限まで搾り出そうとするようなBGMと音の使い方がうまい!
緊張する時はあの息も詰めるような感覚はまじで素晴しかった。
さらに今回は宇宙の無音も加えて、動静のメリハリをよりつけったので、
この体験は最早ある種のエンターテイメントとも言える。


ストーリーの見所…
ネタバレしたくないので、簡単にその魅力を紹介してみる。

今回もノーランらしいです。
いつも通り悩む中年男が何かを求めてあちこち回して、最終的に何かを失って何かを得て、そして何かを悟って悩みから開放され。
そして今回のテーマはもちろん親子の愛情。
ちょっと変わった娘マーフから離れて、クーパーは人類を救うため、自分の夢のため宇宙を飛び出した。

ワームホールやブラックホールに関る物語なので、時間の相対性が今作ストーリー上最大のギミック。
浦島現象の悲しいさと寂しいさと怖さを映像で表現すると、こうも心打たれるものになるとは…
感動ものを期待する人にも絶対満足できる!


最後は個人的のツボ
それはAIロボットのTARSさん。
外見はモノリスを想起させる四角状の変なロボットなんだけど、
実は本作の最萌キャラです!その驚異の性能に刮目せよ!

今作に特に興味のない方もとりあえず騙されたと思ってTARSさんのために観に行こう!
きっと彼にメロメロになるよ。


かなり適当な雑感ですが、未だ一回しか観てないので、感想はコレくらいなんでしょう。
傑作そしてSFの新境地に間違いないです。観るべき観るべき。

永遠の0

落書きはツイターに移行するので、こっちを放置しすぎて、映画などの感想でも書こうかとおもってとりあえず永遠の0感想。

小説は未読なので、原作はどうな感じなのかは分かりませんが。
実は自分はこういう戦争テーマの作品に特に興味がないんだが、
父が観たかったので一緒に観賞した。

とりあえず、映画は一言いうと、山崎監督らしい作品でした。
つまり強烈の「泣かせる」意図が分かりすぎて、演出がいろいろやりすぎになってしまうこと

感動する場面なら確かにいっぱいあって、戦闘シーンも結構充実して、
WW2野史と戦闘機が好きな父にはかなり好評だった。
でも個人的にはやはりあのお涙頂戴の雰囲気が苦手...


以下ネタバレ感想


続きを読む

タマタマフタナリ

jinkoutest3.jpg

ジンコウガクエン2きゃらめいくで作った褐色子をフタナリかしてみた
2014_0524_0333_49783.jpg

UCep7の秘書子さん

uc07test.jpguc07testline.jpg

pixivに上げたのをちょっと修正した。

それにしても連邦にもこんな逸材がいるとは
この子がヒロインでスピンオフOVA一本作ってくれないかな

ゴジラ2014を観て来ました

こっちは今日から上映するので、早速観てきた。

怪獣映画としてはかなり上乗の出来なんだが、
正直あんまりゴジラ映画っぽくないと思う。どっちかって言うと、平成ガメラに近いかな?

とりあえず簡単な感想です。

ネタバレかもしれないので反転

ストーリーは簡単に言うと、
主人公のキックアスさんは一所懸命に家に帰ろうと頑張る。
だが帰宅路線上でいつも怪獣同士がWWEごっこをやってる

物語が非常にシンプルなので
この映画の魅力は徹底的に日常に怪獣が突然現る恐怖に集中された。

人間キャラたちの等身大視点から見るMUTOの怖さはマジで半端ない。
映像の迫力と「巨大」の怖さは歴史に残るレベルではないかと思う。
音楽もパニック感覚を煽り全開で、雰囲気は間違えなく最高!

ただ今回ゴジラの描写はやはりいまいちだと思う

自分は謂わばVS世代なので、
自分の中のゴジラ像は闘争本能に従って道を阻むものをすべて排除する破壊神。
敵に遭遇すると挨拶代わりに先ずは熱線一発!

でも今回のゴジラは自然摂理のバランスを守るものみたいなポジションに立たされ
MUTOとの敵対関係も平成ガメラとギャオスみたいな感じになっちゃった。
VSシリーズに馴染んだ自分にとってはどうしても違和感を覚えてしまう設定。

核の落とし子の異名に相応しい怪獣はむしろMUTOになってしまう
放射能を喰い、EMPを放つ、餌を求めてあっちこっち徘徊して街をぶっ壊す
怪獣映画見所の街破壊もほとんどMUTOが担当する。
ゴジラはわざと人間を加害するシーンはまさかの一つもない。

今回のゴジラによる破壊は基本的に避けられない物理現象。その巨躯があんまりにも巨大すぎるから、
上陸するだけで津波を起こし、通過するだけでビル倒壊。
それでも人間の攻撃に反撃することは本当に一度もない。
人間なんて最初から眼中にない感じで執拗にMUTOを追撃する。

もっと人間に恐怖感を与える存在として描かれて欲しいんだが、
それも完全にMUTOの役割になってしまったせいで、ゴジラが出るたびに逆に安心感を感じてしまう...
コレでいいのかな...


結論
あくまで個人の感想なんだけど、
自分が観たいものと制作側が作りたいものが微妙にズレてる。
確かにクオリティが最高クラスで、総的にはかなり面白かった。
でも求めるのはたぶんコレではなかった...みたいな感じ











なんとなくバナー

リンクフリー BANSANKAN http://bansankan.blog87.fc2.com/

プロフィール

Author:ばん!
取り扱いにくい奴

なんとなく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。