スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行に乗って鏡音リンを描いてみた~線画篇

lin line

最初は二コ動に「描いてみた」動画を投稿しようと思って、中の人があのアイマスの亜美真美の鏡音リンを描いてみた。が、動画再生を20倍速にする手順が分からないので動画編集を諦めた。

という訳で、ここでなんとなく落書き講座をやってみたくなった。
これはなんの役に立てるかわからんが、こんな自我満足講座と付き合えてくれたら、
かなり光栄です。

使用ソフト:SAI(10b)
 
線画篇です。
かなり我流だが、やることは多分みんなの描き方とは大差がないんだろう。
ついでにSAIの部分の機能の紹介にもなる。



rough.jpg

まずはラフから、自分のスキャンナーが壊れたせいで、直接ペンタブで描く。
でもこの段階では、線が非常に雑で、自分し分からない得体の知らないものになっていた。
とにかく粘土を弄ってる感じで構図を決めるのは要点です。絵のサイズが3000x4000で、ちょっと大きめから、ラフのときに自分は鉛筆10で描く。
そして描く時は習慣によって、顔→髪→体→手と足→服という順になる。


line.jpg

ラフを描き終わったら、ラフレイヤーの透明値を下げって、
そしてその上に新しいレイヤーを作成する。この新しいレイヤーで線画を描く。
自分の場合はSAIの鉛筆9に手ぶれ補正S-5で線を引く。
SAIならそのままペンレイヤーを作って、ペンで線を引けばよいだが、
自分の習慣じゃやはり鉛筆を使う。


deitel.jpg

ラフと比べたら一目瞭然。ラフの時は雑だったが、線画を作成する時に設定絵を参考しながら
ラフに描いてないディテールを加えて、いろんな部分を修正しつづ線画を描く。


fix.jpg

ラフの時にそんなにおかしくないが、線画になるとリンちゃんの体はあちこちが骨折しちまったことを判明した。そのため、線画を描いた途中修正しなければならない部位がいっぱいある。
ここは右手の位置を変更し、より自然な感じにする。


arm fix1

そして左手も修正する、ここからはSAIの変形工具をつかう。かなり便利だと思う。
まず選択ペンか投げ縄ツールで変形したい部分を選択する。

arm fix2

そして変形工具を選択する。ここはサイズ変更と自由な形両方を使う。
左手を変形させ、ちょっと前に突き出すような感じにする。
(この自由な形工具は非常に使いやすいで、線画の修正にとても役に立つので、みんなも一度使ってみないか?)

arm fix3

左手の変形は終了したら、線を修正して…これでやっと完成!
と思ったらまだやることが残ってる。


clean.jpg

最後は線画の掃除。これはこういう線画を作る時に鉛筆を使うマイナス点です。線画のあちこちにいろんな汚い汚点がある。ここはまず線画レイヤーの属性を「カラーニ値化」に選択する。
そしたら汚点を簡単に見つけ出せる。そして地味に消しゴムで汚点を全部消す。
終わったらまたレイヤーの属性を元に戻ればおK!

これで鏡音リン(おまけにはちゅねミク)の線画が出来上がり!
lin line


色塗り篇はまた後日で~
では!

コメントの投稿

非公開コメント

なんとなくバナー

リンクフリー BANSANKAN http://bansankan.blog87.fc2.com/

プロフィール

ばん!

Author:ばん!
取り扱いにくい奴

なんとなく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。