スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターステラー雑感

朝一で観てきた。一番率直な感想は「すごい映画を観ちゃった…」
こんな映画にはなかなか出会えないから、衝撃が本当にすごかった。

ただこれはネタバレしちゃうと楽しさが減ってしまうまうタイプの映画なので、
とりあえず内容を避けて感想を述べてみる。


まずは、ツイッターではこの映画は観る人を選ぶ作品と言ったが、
実は別に内容が難しくない。テンポもよくてかなり見やすい映画だった。
宇宙探索系のSF作品でもあり、親子愛の作品でもあり、そして緊張感満点のエンターテイメント作品でもあり
むしろ全方位無敵娯楽大作…

のはずだが、

何故かよく「ブラックホールとかワームホールとか何を言ってるのか分からないからつまらなかった」という感想を見かける。
確かに劇中に相対論やブラックホールや高次元に関してちょっと物理常識を要求するが、
文系の自分も分かることなんだから、難しいところは実際全然なかったと思う。

邪推ですが、
多分これは現代人のSFに対する感性が昔より衰退したせいと思う。
或いは自分がずっと「こういうのは常識なんじゃ…」と思ったものは一般人にとって実はかなり難しいものかもしれん…

どちらにせよ、この映画を楽しめるには、少なくともSFを愛する心と時間の相対概念を持つべき。


ではとりあえずインターステラーの物語をちょっと紹介しよう。

近未来の地球はもはや生命が住める星ではなくなってゆく
主人公のクーパーはNASAの特殊任務を受け、愛する家族と別れて人類を救うために新しい星を目指して遠い旅に出た…
クーパーを待っているのは希望か絶望か 想像を超える宇宙の旅の果てには本当に人類を救う鍵があるでしょうか?
地球に残された家族や人類の運命は!?


ちょっと煽り気味だが、大体こういう話です。

兎に角この映画は宇宙探索系の作品です。
こういう手の映画はスターウォーズやスタートレックのようなSF作品と違って、
あくまで「遠くない将来人類は多分こういうのができる」というSF的なリアル感が売りなので、
スペースオペラみたいな冒険活劇ではなく、より理系的な感覚で世界観を構築する。


そしてその金字塔はもちろん1968年に公開された映画「2001年宇宙の旅」
元々小説シリーズだが、鬼才スタンリー・キューブリックにより改編映画化された。
CGのない時代でCGをも超える映像美を生み出し、映画界にの永久の影響を与えてしまう。

ノーラン今回のインターステラーもその2001の子孫とも言えるだろ。
全体的に確かに2001の雰囲気がする。
観る途中でも「あぁ このシーンは多分あのシーンのリスベクトだろ」といろいろ発見できる。
実際自分は2001の再臨という心構えで見に行ったので、
今作のAIロボットTARSさんが出た途端に自分は必要以上「コイツはやばい!」と反応しちゃいました。
先輩のHAL9000があれなんですからね(笑)


2001を意識して作った映画は間違いないんだが、
実際ストーリーラインと構成などは完全に違うものなので、
2001のリメイクではない。 
ただ同じように壮大のスケールで宇宙探索SFを作りたがる心意気が作品中に反映して、
結局として2001の魂の部分を継承した。故にその雰囲気も似ている。
インターステラーはノーランの2001、こういう言い方のほうが分かりやすいかもしれない。


この映画のどこがすごいのか、
まずは言うまでない、映像の凄さ。

こんなの観た事ない映像の数々は壮観すぎる!
それがCGだと分かってても、その斬新な映像表現に感動しちゃう。
例えばワームホールの3次元での見た目は実はああいう感じ、というのは本当に驚嘆する。
ブラックホールに関しても物理学者の協力を貰ってCG演算に新しい方法を開拓したので、
誰も観た事ないブラックホールの究極の映像を完成した。
故にインターステラーの宇宙はリアルである同時に、怖くて美しくしい。


あとは
ノーラン映画の特徴の一つ、圧迫感のあるサウンド。
今作は相変わらず情緒を極限まで搾り出そうとするようなBGMと音の使い方がうまい!
緊張する時はあの息も詰めるような感覚はまじで素晴しかった。
さらに今回は宇宙の無音も加えて、動静のメリハリをよりつけったので、
この体験は最早ある種のエンターテイメントとも言える。


ストーリーの見所…
ネタバレしたくないので、簡単にその魅力を紹介してみる。

今回もノーランらしいです。
いつも通り悩む中年男が何かを求めてあちこち回して、最終的に何かを失って何かを得て、そして何かを悟って悩みから開放され。
そして今回のテーマはもちろん親子の愛情。
ちょっと変わった娘マーフから離れて、クーパーは人類を救うため、自分の夢のため宇宙を飛び出した。

ワームホールやブラックホールに関る物語なので、時間の相対性が今作ストーリー上最大のギミック。
浦島現象の悲しいさと寂しいさと怖さを映像で表現すると、こうも心打たれるものになるとは…
感動ものを期待する人にも絶対満足できる!


最後は個人的のツボ
それはAIロボットのTARSさん。
外見はモノリスを想起させる四角状の変なロボットなんだけど、
実は本作の最萌キャラです!その驚異の性能に刮目せよ!

今作に特に興味のない方もとりあえず騙されたと思ってTARSさんのために観に行こう!
きっと彼にメロメロになるよ。


かなり適当な雑感ですが、未だ一回しか観てないので、感想はコレくらいなんでしょう。
傑作そしてSFの新境地に間違いないです。観るべき観るべき。

コメントの投稿

非公開コメント

なんとなくバナー

リンクフリー BANSANKAN http://bansankan.blog87.fc2.com/

プロフィール

ばん!

Author:ばん!
取り扱いにくい奴

なんとなく
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。